宮崎在宅ドクターネットとは? 宮崎在宅ドクターネットは、病気の治療を、自宅または介護施設で受けたいと希望される 患者さんの在宅主治医を見つけ、その在宅療養のサポートをする医師のネットワークのことです。
アーカイブ  |
投稿者 : 管理者 投稿日時: 2019-12-13 (29 ヒット)

宮崎市郡在宅医会第7回スキルアップ研修会

 日  時  令和元年1212日(木)19~

 会  場  宮崎県医師会 2階 研修室

 出席者  54名 (医師11名 薬剤師2名 看護師・保健師9名 セラピスト24
             介護支援専門員6名   その他2名)

今回のスキルアップ研修会は、理学療法士の垣内先生(いしかわ内科)をお迎えして

在宅医療における訪問リハビリテーションの視点からお話をいただきました。

 

生活期リハビリテーションにおける

 1)リハビリテーションを取り巻く環境

 2)具体的なアピローチ(ポジショニング・自立度向上)とその効果

 3)自立支援について

 4)訪問リハビリまでの流れ 制度や課題を理解し連携を図る

 5)まとめ

病院リハビリと訪問リハビリの違いや、高齢者ケアの3原則(デンマーク)の紹介

通所リハビリ通所介護の法令上の違い等々、わかりやすく解説をしていただきました。

 


投稿者 : 管理者 投稿日時: 2019-10-11 (25 ヒット)

宮崎市郡在宅医会 第12回多職種協働研修会

 日 時 令和元年10月10日(木)19時~

 会 場 宮崎県医師会館 2階 研修室 

 出席者 96名 (医師16名 薬剤師2名 看護師・保健師49名 セラピスト11名 介護支援専門員15名 その他3名)

 

第12回多職種協働研修会が開催されました。現在、在宅医会で取りん組んでいる「在宅医療介護情報連携システム:MICT」

“想いをつなぐ連絡帳(MCS)” “ひむかつながるカルテ” を使った情報共有における事例を紹介していただきました。

 グループワークの時間をたっぷりとって、皆でICT連携について考えました。 

  • てんかん、虚血性脳血管障害、血管性認知症、糖尿病、膀胱直腸障害、 胃瘻造設状態、

  膀胱留置カテーテル挿入状態など医療必要度の高い症例

  • 連携のツールとして利用できる物は何があるか?
  • 現在、何を使用しているか?
  • MCSを使いこなせておらず、連携が上手くとれなかった
  • 訪問看護ステーションに頼るあまり、施設職員の介護力不足に気付くのが遅かった
  • 施設職員に医療知識のあるスタッフが不足しており、対応が後手にまわった
  • MCSはあくまでツールであり、大事なのは患者さん自身である

まだまだ問題点が残りますが、検討を重ねて多くの方に利用していただきたいと思います。


投稿者 : 管理者 投稿日時: 2019-08-09 (191 ヒット)

日 時:令和元年8月8日(木)19:00~

会 場:宮崎県医師会館 2階研修室

講 師:(有)岡元調剤薬局 岡元俊雄 先生

演 題:「 薬局のあり方と今後の展望 」

出席者の状況 

64名 〈医師:9名  看護師:23名 薬剤師:23名 セラピスト:9名〉

今回は、薬剤師 (有)岡元薬局 岡元俊雄先生をお迎えして、在宅医療における「薬局のあり方と今後の展望」と題してお話しをしていただきました。
地域に求められる薬局としての取り組みをご紹介いただきました。国が求める薬剤師とは何か、かかりつけ薬局の薬剤師の機能を果たすために、どのような課題があり、実際にどのように取り組むべきか、ユーモアを交えながら大事なお話をいただきました。在宅医療推進の先生方からは、『地域の在宅患者さんのお薬管理をしていただき、大変心強い』との意見も聞かれました。


投稿者 : 管理者 投稿日時: 2019-06-25 (216 ヒット)

医療介護連携ICT企画検証委員会

日時:令和元年6月25日(火)19:00~

会場:宮崎市保健所 1F研修室B

 

<報告事項>

 1)宮崎市郡在宅医療介護情報連携システム運営委員会報告

<協議事項>

 1)MICTの諸手続き書式について

 2)在宅Man・Go!の活用方法について

   ・具体的な共有すべき書類について

   ・様式集

 3)その他

  以上の内容で、会議を行った。


投稿者 : 管理者 投稿日時: 2019-06-13 (152 ヒット)

日 時:令和元年6月13日(木)19:00~

   会 場:宮崎県医師会館 2階研修室

 内 容:「論理的な思考が困難な介護者である息子と訪問看護とのかかわり

-在宅での看取りを通して- 

       ・訪問看護ステーションのびやか

看護師 多田 綾子 氏

所 長 赤松 峰子 氏

            

       ・医療法人青葉会のざきクリニック 

院 長 野﨑 勝宏 先生 

出席者の状況 111名 〈医師13名 看護師39名 薬剤師12名 セラピスト23名 ケアマネその他24名〉

  内容:主介護者が理論的な思考が困難な状態。ターミナルの期間が長期化する中で家族の不安を軽減させる方法は・・・・

     主介護者の介護力不安があり、他の兄弟から入院したほうがよいと言われた場合、どのように判断したら良かったか、最期まで介護者の意向を尊重すべきか・・・

     グループワークで活発な事例検討がされました。多職種で関わることで、在宅での看取りをすることができ、主介護者は介護の達成感を感じることができたとの報告で締めくくられました。

 

 

 


投稿者 : 管理者 投稿日時: 2019-05-11 (162 ヒット)

令和元年5月11日(土)14:00よりニューウェルシティ宮崎において

通常総会を開催し、下記について審議され承認されました。

報告 平成30年度事業報告の件

   平成31年(令和元年)事業計画の件

   平成31年(令和元年)予算の件

議事 第1号議案 平成30年度 決算の件

   第2号議案 役員改選の件

  ※出席者 66名(出席者22名・委任状44名)

  

 

 

 

 


投稿者 : 管理者 投稿日時: 2019-05-11 (113 ヒット)

5月11日(土)通常総会が開催され、総会終了後は在宅医会会員ならびに県内の各医療機関・行政・施設等の多職種の方々164名の参加で学術講演会を開催しました。

30年度より取り組んでいる在宅ICT構築は2年目を迎え、今後の医療介護連携に

 広がりをもたせています。在宅医療の現場に即した内容は、参加者の皆様より好評をいただくことができました。また講演会終了後に開催した多職種交流会では、それぞれの立場で交流を深めることができました。

1.日 時  平成30年 5月11日(土) 14:00

2.会 場  ニューウェルシティ宮崎

3.次 第   

1)宮崎市郡在宅医会通常総会 14:00~14:25

2)講  演 14:30~15:10

「家族との連携をベースとした早期アルツハイマー型認知症患者でのガランタミン投与の効果

講師 長崎大学医歯薬学総合研究科医療科学専攻 保険科学分野

  教授   佐藤 克也  先生

説 明 会 15:15~15:30

「医療介護連携-在宅版ストックカルテについて」 

  講師 あけぼの診療所 國枝 良行

基調講演 15:40~16:40

メディカルケアステーションを用いた多職種連携について  

               ~東京都・豊島区の取り組みと今後の展望~      

      講  師  豊島区医師会理事 土屋医院院長 土屋 淳郎 先生      

3)多職種交流会  17:00

  講演会出席者の状況 

   164名 〈医師:34名 看護師:52名 薬剤師:3名 ケアマネ・介護士:35名

セラピスト:17名 事務:1名 行政:6名 その他:16名 〉

 

 


投稿者 : 管理者 投稿日時: 2019-04-11 (267 ヒット)

日  時:平成31年 4月11日(木) 19:00

場  所:宮崎県医師会館 2階研修室

         講  師:みえeatデンタルクリニック 院長 清山美恵 先生

演  題:「 在宅で美味しく食べてもらうために 」

                -摂食嚥下リハビリテーションにおける多職種連携-

出席者の状況 

    52名 〈医師:11名  看護師:29名 薬剤師:2名 セラピスト:13名

今回は、歯科医師 みえeatデンタルクリニック 院長 清山美恵先生をお迎えして、「在宅での口腔ケア」についてわかりやすくお話しをしていただきました。

「食べることと口腔ケアの関係」をテーマに大事なお話をいただきました。日常的に口腔ケアを実施することに加え、歯科衛生士による専門的な口腔ケアを実施することで肺炎発症率は減少する、「食べることは生きること」「食べさせれば肺炎が早く治る、入院期間が短くなる」。。。。など有益な講演でした。

 

 

 


投稿者 : 管理者 投稿日時: 2019-03-05 (181 ヒット)

 第2回ICT企画検証委員会を平成31年3月5日(火)宮崎市郡医師会病院にて開催いたしました。


投稿者 : 管理者 投稿日時: 2019-02-14 (216 ヒット)

第10回在宅医療実践のための多職種協働研修会~事例検討を踏まえて~                     

  日  時 平成31年2月14日(木) 19:00~

  会  場 宮崎県医師会館2階 研修室

  内  容:「病院から在宅へ繋がる連携支援-私たちはどうすべきだったのか

                       ―退院カンファレンスを振り返る-」

       ・ナーシングセンター・オーシャン 

             看護師 川﨑 愛弥 氏

             管理者 中村 真里 氏

      ・医療法人宮崎ホームケアクリニック  

             院 長 長澤 伸二 先生  

    出席者の状況 88名 〈医師17名 看護師33名 セラピスト20名 ケアマネその他18名〉

 

  今回は、かかりつけ病院と在宅医療医師との間を、訪問看護の立場での連携のあり方に焦点をあて、主治医、患者本人やそのご家族、支援者の連携の難しさや大切さをまとめた事例でした。現場の医師・看護師が主導権を持ち、どの職種がどの職種に、何を連絡、相談をすれば良いのかしっかり決めて進めることの重要さを再認識した等の意見が聞かれました。


(1) 2 3 »

お問い合わせ
名称宮崎市郡医師会在宅医会
受付時間月~金 08:30~17:00
住所 〒880-0834 宮崎市新別府町船戸738-1
宮崎市郡医師会病院地域医療連携室内 Map
TEL0985-24-9119
FAX0985-23-2210
交通案内 バスでお越しの方 宮交シティ→一ツ葉試験場行き(17番系統)医師会病院前下車(徒歩1分)
タクシーでお越しの方 宮崎空港から25
宮崎駅から10分
top
© 2017-2020 宮崎在宅ドクターネット